佐世保のハウスクリーニングましろ|出張ご自宅お掃除や賃貸物件の定期契約など清掃ならお任せ
HOME店舗・事務所の出張清掃, 自宅清掃(エアコン)

清掃事例:エアコンのクリーニング「エアコンで病気が!」

本日は業務用エアコンの分解洗浄をご紹介します。
※エアコンは秋に内部洗浄がおすすめ!

 まだまだ猛暑続きの今夏、エアコンがフル回転していることと思います。
しかし、こまめな点検、清掃を怠るとカビが原因で思わぬ病気に悩まされることもあり、注意が必要です。

    『夏型過敏性肺炎』というのを聞いたことがありますか?
エアコンから吹き出したカビが原因で、エアコンを使い始める夏になるとひどく咳きこみ、しかしひと夏続いた咳が秋になると治まるという症状を思い当たる人はいないですか?
その症状を年々繰り返す度に、上記の様な慢性的な病気になっていることがあるそうです。(思い当たる人は早めに呼吸器科へ受診を。)

 冷房中に変な臭いがする!と感じたら、エアコン内にたまったカビを疑いましょう。
エアコンは部屋の中の暖かい空気を吸い込み熱交換器で熱を取り、冷たくなった空気を室内に出すという仕組みです。使用の度に内部は温度差によって結露が生じやすい状態になってます。

カビを防ぐためには、エアコンを切った後、30分~2時間ぐらいは送風運転をしエアコン内を乾燥させると良いそうです。もちろんフィルターの清掃も欠かせません。
フィルター清掃は、取り外し式は付着している埃を掃除機で吸い、できれば水洗いをして陰干しして下さい。(清掃の際にはマスクなどを使い、カビを吸込まないよう注意しましょう。)

あと、費用はかかりますが、数年に1度は内部洗浄が有効的です。内部洗浄は、冷房を使い終わる秋口がベスト!ここできれいにすれば翌夏に使うときは変な臭いがしません。アレルギーの方にはぜひおすすめです。

まずは分解します。
Aircon20100820_A1.jpgAircon20100820_A2.jpg
下向き矢印(清掃クリーニング)実例

分解後、ビニールを被せて洗浄します。
Aircon20100820_B1.jpgAircon20100820_B2.jpg

Aircon20100820_B3.jpgAircon20100820_B4.jpg
下向き矢印(清掃クリーニング)実例

分解した部品を元に戻して清掃終了です。
Aircon20100820_C1.jpgAircon20100820_C2.jpg

Aircon20100820_C3.jpgAircon20100820_C4.jpg

洗浄後の汚水です。

建物の清掃や修繕・穴傷リペアーのお問い合わせ
お見積りなどお気軽にご連絡ください。
▲上記ボタンからフォームにてお問い合わせいただくか、お電話でご連絡を!
電話番号 0956-37-0460